必要日数

株式会社設立についてどの程度日数がかかるのか

株式会社や合同会社、社会福祉法人などの法人設立には時間がかかります。株式会社設立に必要な申請書類を作成し準備しそろえるだけでも相応の時間がかかります。
またその手続きの流れの中で法人登記を行う際に、法務局での行政側での審査にも3週間程度はかかるとされています。

このように手続きの準備にも相応の日数がかかることはよく把握して、株式会社設立後すぐに商売や生業が行えるように、日数を逆算して必要な費用などを考えておくいわゆるプロセスマップなどをよく考えておく必要があります。

また、その内容が不備だったりすると返戻され再提出ということも考えなければいけません。いったん作成した定款に間違いがあった場合にはその内容の訂正を認可する行政側が求めてくることもありえますので、十分な注意と事前の準備が必要です。

株式会社設立時にそれほど多くの人が参加していなければそれほど問題とはなりませんが、定款の変更には相応の会社内での手続きが必要ですから、訂正を求められたからと言ってそれをすぐに訂正して提出することができるかどうかは分からない場合が多くあります。
こうしたことも考えながら、最初に提出する定款などは慎重に作成する必要があるとされます。

株式会社設立とは言っても参加している人がそれほど多くない場合も当然ありえます。
また、家族経営の場合もあるでしょうから、それほど再提出に手間がかかるわけではない場合もありますが、それでも面倒なことに違いはないので、最初に提出する際にしっかりとした対応を取ることが大切となります。

株式会社設立による手続きにはそろえるべき書類が多岐にわたるため、その作成準備にも時間がかかります。
もし法人設立を急ぐのであれば代理人として社会保険労務士や司法書士、その法人の規模によっては弁護士に依頼するなどの専門家に依頼することも考慮する必要があります。

設立を急ぐ必要があるのであれば開業日までの日数を逆算して前倒しで準備をするなどの対応が必要です。
準備に必要なものは何があるのか、ほかにもどういった書類が必要なのか、代理人に任せることは可能かどうか、こういった総合的な判断を行うことが大切となりますから、どの程度の日数がかかるのかなどを考慮しながら代理人などとよく事前に協議の上で行動する必要があります。

また、法人設立と同時進行で税金関係の届け出も必要となりますから、こちらは設立後の提出期限が明確にされていますので、忘れずに行うことが重要であると言えます。