計画書の書き方

株式会社設立に欠かせない計画書の書き方

株式会社設立を決意したら、何から手を付ければいいのでしょうか。第一にするべきことは、株式会社設立のための計画書を作ることです。
あなたが考える理想や経営方針を、しっかりと形にして表しましょう。

なぜ株式会社設立に当たって、計画書が必要なのでしょうか?
それは、あなたの考えをわかりやすく表現することで、融資を受けたり、取引先にアピールしたり、優秀な
人材を集めることができ、株式会社設立をスムーズに進めることができるからです。

「お金」「お客様」「社員」は、事業を成功させるためには不可欠な要素ですから、これらを確保するための計画書が、いかに大切なものであるかがお分かりいただけると思います。

具体的には、何をどのように書けばいいのでしょうか。一般的な計画書には「事業の目的」、「業務内容」、「マーケットの状況」、「経営計画」、「資金調達計画」、「想定されるリスクと解決方法」といった内容が記されています。

「事業の目的」には、あなたが株式会社を設立した理由、将来のビジョン、経営理念などを書きます。

「業務内容」では、実際に行う事業の概要を説明します。会社の商号、事業形態、代表者名、所在地、従業員数、設立年月日、資本金額などの基本的な内容を記載します。

「マーケットの状況」では事業参入する市場が、現在どのような状況にあるのかを分析してまとめます。
将来性のあるマーケットなのか、どのような特徴があるのか、ライバルの状況、市場における自社製品の強みなどを書きます。

「経営計画」は、特に重要な要素です。

どこで、誰に、幾らで売るのかなどを記した“販売計画”。
販促方法や、どのような戦略をどのタイミングで展開するのかといった“マーケティング計画”。
コンピューターシステムや製造機器など、必要な設備にかかる費用などを記載する“設備計画”。
事業運営に必要な人材を雇うための費用や労働条件、採用法などを記した“人事計画”。
この他、顧客、仕入れ先、業務提携先など、協力企業や支援者についても記載します。

「資金調達計画」では、売り上げ計画、売上見込みから予測される“損益計算書”、運営資金や借入金、経費などを一覧表にした“収支計画書”、業務向上に必要な投資計画があればその金額と、資金調達方法も記さなければなりません。

リスク管理も大切な経営要素です。「想定されるリスクと解決方法」も記載しておきましょう。
また他社との差別化がひと目で分かるように、「競合他社との比較表」を作るのも効果的です。

取引先や融資先が、あなたの株式会社設立を応援したくなるように、堅実性と将来性の高さなどをしっかりとアピールしましょう。